グリーンフィックスサーフワックスとは

溶けにく、こんなサーフワックスが欲しかった

グリーンフィックス サーフワックスはフランス人サーファー デイミアン・ホルケスによって開発された70℃まで溶けない(耐えられる)サーフワックスです。石油成分を使わず、天然成分だけで仕上げられているため、身体にはもちろん、地球環境にもやさしいサーフワック です。

サーフィンをする方の悩みでもあった、サーフワックスが溶けて車内が・・・、ニットケースが・・・ドロドロに溶けてベースから塗り直し・・・なんてこともこのグリーンフィックス サーフワックスではありません。従来のサーフワックスの弱点を、見事に克服した注目のワックスが日本新登場です。

ページの先頭に戻る

グリーンフィックスサーフワックスの開発ストーリー

デイミアンホルケスサーフィン業界で何が求められているのか。
開発者のデイミアン・ホルケスは、実に250人のサーファーにアンケートを実施しました。そこで、導き出された結果をもとに新たなワックスの開発を決意、そこで、彼は今までにない、革新的なワックスを開発するために、フランスのESTIA大学に進学し、本格的にワックスの成分を研究を開始。

すると、60℃〜70℃の熱にも溶けないワックスの開発に成功しました。その開発した商品を本国フランスで製造、2010年に販売を開始。しかし、委託先工場のトラブルなどもあり、品質が悪く、デイミアンの満足のいく商品はできませんでした。そこで、彼は自身の管理での製造を決意し、取り組みます。現在ではすべて手作業による製造を行い、フランスをはじめ、イギリス・ポルトガル・ベルギー・モロッコ・・・ 世界中のサーファーに質の高いワックスを供給し、支持されるに至っています。

ページの先頭に戻る

グリーンフィックスサーフワックスとは

グリーンフィックスサーフワックス 実験の様子

グリーンフィックスサーフワックス公式ストアへ